【CL】2019年のあなたの「ワンシング」は?

300902kitano017a
北野です、
 

今日は1月2日。
早くも2019年の2日目です(笑)

時間は有限。時間は貴重。

「1日1日を大事にする。」
ということを、2019年は、特に
意識したいと思っています。

 

さて、昨日の元旦は、初詣にも行かず、
せっせと「2019年の計画」を
練っていました。
 

北野の計画の練り方は、かなりシンプル。
 

===============
1.まず、「ワンシング」を決める。
===============

一番重要でビジネスに最もインパクトが
あり、レバレッジが掛かるテーマを
「1個(ワンシング)」決める。

===============
2.それを実行するするための
具体策を練る。
===============

===============
3.その具体策を、現段階でいいので、
年間スケジュールに落とし込む。
===============

 

これだけ、ですね。

これを時間を掛けて練り込むのが
年末年始のいつものルーティン。
 

以前の北野はどうかと言うと…
 

「あれこれも、それもこれも、
色々なことにチャレンジして、
欲張りに全部やりたい!」
 

そんな計画の立て方でした。
 

で、、、、、

年始に決めたことを、年末に
振り返ってみると、ほとんど
出来ていないことが多かった(苦笑)
 

結局、色々と計画を練っても、
人間、出来ることは限られてる。
 

だったら、「ワンシング」を決めて
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
それだけは絶対にやりきる!!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

このスタイルにしてから、
会社の業績も凄く伸びるように
なりましたね。
 

なので、その「ワンシング」の
選び方が凄く重要になってくる訳で…
 

なので、年末年始の、時間が
たっぷりある時期にそれを考え抜くわけ。
 

あなたにとっての、
2019年の「ワンシング」は何ですか?

 

是非、そこに集中して、
2019年に挑んで欲しいな、と思います。
 

動画でも話をしたので、是非、
観てみてください。

シンプルだけど、とっても重要な
ことです。
 

・2019年、あなたの「ワンシング」は?
https://youtu.be/BP2dTG8PSgg

 

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)
 

 

【CL】2018年、2019年を“漢字一文字”で表現すると、

300902kitano0138北野です、
 

新年あけましておめでとうございます。

2019年、香川県のオフィスから
最初のメルマガです。
 

2018年はあなたにとって
どんな年でしたか?

2019年は、自分史上最高の1年に……

あなたにとって、今までで一番
成長した1年になれば嬉しいです。
 

で、北野の2018年は……

漢字一文字で表すなら、、、、
 

「忍」
 

そんな1年だったかな。
 

2017年期の売上は5.4億円。
で、2018年期は5.8億円。

それまでは、「倍々」で売上を
伸ばして来ましたが、さすがに
この規模になると倍々にはならず…。

そして、今のビジネスモデルでは
限界も見えてきて「微増」に留まりました。

また、予定していた大型プロジェクトが
飛んだり、進めていたシステム化の
プロジェクトも途中で頓挫したり…
 

また、先日のメルマガでも書きましたが、
ここ数年のコンラボの躍進を支えてきた
メンバーが全員卒業となり、
メンバーが総入れ替え状態に…。
 

その意味では、「忍」、そして、
かなり精神的にも苦しい1年だったと思います、
正直に言えばね…。
 

ただ…

そうした「上手くいかないこと」や
「問題&課題」を“成長の糧”として
捉え、正面から突破に取り組んだことは、自分でも評価したい。

その分、苦しかったけど、

自分自身では「大きく成長できた
んじゃないのかなぁ…」と思っています。
 

もちろん、売上とかの具体的な
数字には現れてはいません。

ですが、「自身の内面」的には
大いに成長できたかと…。

「試練が人を成長させる」ということを
本当の意味で実感できた年でした。
 

そして、、、、、

「メンバーの総入れ替わり」と
いうことは、新メンバーも加わって
くれているわけで、

本来は、「戦力ダウン」なんですが、
そんな感覚は全くなくて、、、、。

チームとしては逆にまとまり、
「次のステージ」に向かう基盤が
出来たのではないか?と思っています。
 

2019年は、その「忍」から転じて、
「攻め」の1年にしていきたいです。

12月のモロッコ旅行の中で、
「ビジョン」「戦略」を明確にし、
アイディアもどんどん飛び出し、、、、

それを形にするのが2019年です。
 

実は、新しい年が来るのがこれほど
楽しみな年は久々なんですよ。

早く東京に戻って、
「仕事してぇなぁ…」という感じです(笑)
 

という訳で、北野も、コンラボも、
2019年を感じ一文字で表すならば……
 

「新生」
 

この言葉がふさわしそうです。
(1文字ではなく、2文字じゃん!
というツッコミはなしね笑)
 

面白いことが続々と控えているので、
是非、楽しみにして頂ければ、
と思います。
 

で、新年のご挨拶も兼ねて、
今年、第一弾の動画もアップしました。
 

是非、ご覧頂ければと思います。
 

・2018年を振り返る…そして、2019年は
「こんなこと、やりたいなっ!」
https://youtu.be/3psY-HRhE00
 

では、本年もよろしくお願いいたします。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)
 

追伸:

ちなみに、2018年の海外への旅は……
 

1月:社員旅行とマスターマインド
旅行を兼ねて、「パラオ」へ。

3月:タヒチのボラボラ島へ…
「セントレジス」「インターコンチ」
で執筆に励む…

4-5月:ベネチア、アマルフィ、ソレント、
マテーラ、アルベロベッロ、シシリー島、
ミラノ…というイタリア2週間の旅

6月:エルメスのパリコレ招待
(メンズでは日本から2名のみ)、
エルメスの工房(プチアッシュ)&
博物館見学、そして、
モン・サン・ミッシェルへの旅

9-10月:イタリア、フランス、
スペインへのクルーズの旅

12月:モロッコ11日間…サハラ砂漠の旅
 

個人的には、クリエイティブマインドを
超刺激された6月のエルメス&フランスの
旅が「ベストトリップ」かな。

2017年の「8回」に比べると
回数は減りましたが、
長期旅行が多く、内容は
より濃くなった気がします。

年末のモロッコも、移動はこれまでに
ないほどのハードな旅でしたが、
非常に印象深いものになりました。
 

2019年は現時点では、8月からの
北欧クルーズ以外は決まっていませんが、

「旅」は、「ビジネス」と共に、
この[CL通信]のテーマでもあるので、
「旅レポート」なども充実させて
行きたいと思います。


 

 

【CL】[重要] 上海蟹マーケティング。

富麗華
北野です、

一昨日ですが、マネーコーチ養成講座の
大谷正光さん、オリジナルブランド通販の
三山純さん、個人貿易革命の
高橋ゆづきさんと、

東麻布の中華の名店、中国飯店グループの
旗艦店、『富麗華』へ…。
 

マンションの近くなので、
この『富麗華』にはよく行くんですが、
この季節は、「これ」ですね・・・・・

そう、「上海蟹」!!!

この季節になると、「上海蟹コース」
目当てで訪れる方で満席になっています。
 

かくいう北野も、そうだなぁ…
もう、5年連続で、この「富麗華」の
「上海蟹コース」に通っているなぁ…。
 

「上海蟹コース」は、全メニュー
(北京ダックを除く)に、上海蟹が
登場!

丸ごと、「雄」「雌」の両方を
堪能できます。

まぁ、お値段もそれなりに・・・
なんですが、全員、大満足でした。
 

ちなみに、上海蟹の名産地は
中国の「蘇州」なんですが、

蘇州出身者の方で、北野の
知り合いがいて、その人も、

「ここ(富麗華)の上海蟹は
凄くいい上海蟹を使っているね!」

と誉めていたので、ここはやっぱ、
本物かな~と。
 

さて、ここからちょっとビジネスの話。

北野は、以前、飲食店のコンサルを
していた時期もあったんですが、
その時、アドバイスしていたのが、
 

「スペシャリティをつくれ!」
 

ということ。

スペシャリティとは言ってみれば、
「名物料理」のこと。
 

この店じゃないと食べられない、
「これ!」というメニューです。
 

フレンチで言えば、

トゥールジャルダンの「鴨」、
トロワグロの「サーモン」とか、、、、
 

で、やっぱり「スペシャリティ」を持つ
店は強い!ってこと。
 

「上海蟹の季節になれば、
やっぱり富麗華の上海蟹コース!」

 

これは絶対に強いです。
 

それで、これは、我々のような
「コーチ、コンサル型ビジネス」でも
同じこと。
 

北野と言えば、
「マーケティングコーチ養成講座」、

仙道さんと言えば、
「仙道塾」、

田中祐一さんと言えば、
「世界一簡単なプロダクト
ローンチ講座」、

中井先生と言えば「中井塾」、

遠藤晃さんと言えば、
「No.1セミナースター養成塾」etc…
 

こうした、「スペシャリティ」を
持っている方は、やっぱり安定
しているし、集客も強いですよね。

 

あなたには、ライバルに負けない、
選ばれる「スペシャリティ」を
持っていますか?
 

「あるよ!」という方は、
徹底的にそれを磨き、

「ないです…」という方は、是非、
作り上げてください。
 

本当にビジネスの広がり、
安定度が変わってきますので…。

では、また。

あっ。。。。

昨日のブログで予告した、

「2018年のコーチ、コンサル業界の総括」

これは明日、書きますね。

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

 
 

 

【CL】灼熱のモロッコへ!!!

300902kitano0138
北野です、

いきなりですが、、、、

12月5日−15日の間、
「モロッコ」へ行ってきます。

モロッコは初めてなので、かなり楽しみ。

カサブランカから入り、“青い街”シャウエン、
フェスをまわって、サハラ砂漠へ…

メルズーガ、ワルザザート、
アイト・ヴン・ハッドゥ、

そして、モロッコと言えば、ここ!
という「マラケシュ」へ…

基本、砂漠の国なので、寒暖差が激しく、
また、今回、移動距離が凄くて
(車で1日8時間とか…)
かなりハードな旅になりそうですが、
初モロッコ、楽しんできたいと思います。


 

さて、2018年もいろいろと
海外へ行きました。

1月は、社員旅行と
「マスターマインド」旅行を兼ねて、
「パラオ」へ…

3月は、タヒチへ…ボラボラ島で
執筆活動を兼ねて…

4−5月は、ベネツィア、アマルフィ、
ソレント、マテーラ、アルベロベッロ、
シシリー島、ミラノの
イタリア旅行、

6月は、エルメルのパリコレ
招待旅行&モン・サン・ミッシェル、

9月は、イタリア、フランス、
スペインクルーズ、

そして、この12月のモロッコが
2018年の海外旅行の締めくくり
となります。

6回なので、昨年よりも旅行自体の
回数は減りましたが、
(そのかわり国内旅行が増えたかな)
長期旅行が多くなり、日数自体は
昨年並み、でしょうか?
 

2019年は、エジプト、北欧&ロシアクルーズ、
そして、個人的にはキューバ&ジャマイカに
是非、行ってみたいと思っています。

スリランカもいいなぁ……。
 

さて、旅行の話はさておいて、
もうすぐ12月!ということで、
 

「2018年のコーチ、コンサル業界の総括」
 

というテーマで、明日から
ブログを書いて行きたいと思います。
 

2018年の特徴といえば、、、、、

そうだなー、北野が思うに……

1.LINE@を使った
マーケティング手法の登場

2.プロダクトローンチの普及…
but、乱立による効果の低下

3.zoomによる
個別クロージングの流行

4.広告の普及、but、広告費の高騰

5.やっぱりハウスリスト(自社リスト)
の強化かな!

・・・・こんな感じでしょうか?
 

北野なりの視点で、明日から
書いて行きたいと思います。
(で、いつものように、気が変わって
途中で、「やーめた!」になる
可能性大 笑)

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

 

 

 

【CL】「まっ、60歳ぐらいまでに、見つかりゃいいや!」

300902kitano0138
北野です、
 

この歳(幾つだ?笑)になって、ようやく、
ミッションとかビジョンとか、
人生の目的とか、“本当にやりたいこと”
とかを考えるようになりました。

ホント、ここ2-3年かな?
 

それまでは、
「売上を上げたい!」「稼ぎたい!」
「海外旅行をバンバンしたい!」
「仕事が面白い!」「マーケティングLove!」
(マーケティングがとにかく楽しい!)

「ニーズがあるから、お客様が
喜んでくれるから頑張る!」
「ライバルに負けたくない!
(もちろん、協業もしますよ!)、
「評価されたい!認められたい!」
etc……
 

こんなことをエネルギーにして
これまでやってきました。

分かりやすく言えば、
「欲」とか「楽しい」が軸に
なっていたかな?
 

こんなことを書くと、
 

「北野さんは結局、お金ですか?
稼げればいいんですか?」
 

なんて思う人がいるんですが、
誤解を恐れず言うならば、
それが悪いことだとは全然
思っていなくて…。

それで北野は凄くエネルギーが
出たし、結果、たくさんのお客様、
クライアント、ビジネスパートナー、
チームメンバーに貢献出来てわけで。
 

よく、「ミッションやビジョン、
自分の使命」の重要性を説く人が
います。

そんなセミナーや講座もいっぱい
ありますよね。

もちろん、それは、否定しないし、
いや、むしろめちゃくちゃ重要だと
思っています。
 

ただね、ただ……
 

「ミッションがとにかく重要!
あなたに軸がなく、ブレるのは
ミッションがないから。まずは
ミッションから!」

・・・的な風潮は、ちょっとどうかな?
と思っています。
 

だって、ミッションって、そう簡単に
見つかるもんじゃないし、
セミナーに出てうんうん考えて
決めるもんじゃないでしょ?
 

仮に、「これがミッションだっ!」
と決まったとしても、
一年後には違うミッションが
見つかっているかもしれない。
(よくあることです)

ある出会いとか、ある出来事で、
人生が一変してしまうことって、
ありますよね?
 

ミッションも同じだと思うんですよ、

ある出会いとか、ある出来事、
ある体験がキッカケで、劇的に
変わる&見つかることもある。
 

なので、もし、あなたが、
「ミッションが決まらず、見つからず、
悶々としているのなら、、、、、

あまり「ミッション」にはこだわらず、
「まずはこれかな?」的な感覚で
始めてみるのがいいんじゃないかな?
 

まずはやってみる。動いてみる。
動きながら、色々な体験をしながら
ミッションがだんだんと見えてくる……。
 

北野の場合は、まさにそんな感覚でした。

北野も、ミッションやビジョンが
見つからず、悶々とした時期もありますが、
 

「まっ、60歳ぐらいまでに、
見つかりゃいいや!」

 

と思うようになって(ある種、諦めて苦笑)
から、気が楽になり、逆に、仕事を
楽しめるようになりましたね。

で、逆に、ミッションが見つかる、みたいな。
 

肩の力を抜いて、
でも、“今”に全力で取り組む。

そして、自分の“直感”に従い、
自分の心の声を聞いてみる。
 

それが、意外と正しかったりします。
 

今日は日曜日なので、ちょっと雑感的に
思ったことを書いてみました。
 

いい休日をお過ごしくださいね。
(仕事の方は、お仕事頑張ってくださいね!)
 

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】10年生き残る、あの“ゆるキャラ男”の秘密。

0H2A1588
北野です、

仙道さんとの
「プロデューサー型コンサル」の
説明会も今日が最終日。

そして、2日間の仙道さんの
個別相談会を残すのみ、となりました。

超高額の参加費も関わらず、
現時点で十数名の方に参加いただき、
本当に嬉しく思います。
 

“コーチ、コンサル業界の
最高峰のマスターマインド”
 

そんなコミュニティになりそうです。
 

それで、、、、

先日、仙道さんとご飯を食べていて、
仙道さんに聞かれたんですよね、

—————————
「北野さんは、この業界でもう
10年以上やっていますよね?
結構、浮き沈みが激しく、消えて
いった人も多いと思うんですが…」

「そんな中で、ずーっと
生き残っている人、活躍し続けている人
って誰ですか?」
—————————
 

確かにね、浮き沈みの激しいのが
コーチコンサル業界。

2-3年前には活躍していて、
消えていった人、結構多いかも。

「あの人は今?」みたいな感じです。
 

そんな中で、10年以上、
最前線で活躍しているのは…

まず、思い浮かんだのが、
「チームNo.1の遠藤晃さん」、
「中井塾の中井隆栄さん」、
 

そして、、、、、、
 

「今井孝さん」
 

この3人がまず、頭に浮かんできました。

で、遠藤さん、中井先生は、
「THE 正統派」って感じなんですが、
今井さんはちょっと趣が異なります。
 

一言で言えば、
 

「超“ゆるキャラ”の超マイペース派」
 

北野とコンビで、「初代コンラボ」を3年間、
一緒にやっていましたが、

「ガツガツ&キレキレ」の北野とは対照的。
(このコンビが意外に好評でした!)
 

「マイペースで自分らしく…ね」
「無理しなくていいんじゃない?」
「好きなお客さんとだけ仕事しよ」
「仲間で協力しあって相互支援で」
 

「えっ、そんなんでいいの?」って
思うんですが、そのスタイルで
今井さんは、ずーっと、
コンスタントに年商1億以上を
続けています。

そして、今井さんの周りには
今井さんと同じような、そんな人達が
集まっていて、、、、

みなさん、楽しそうに
無理なく稼いでいる…。
 

「気合だ!人がやらない時に
頑張った奴が勝つ!」

なんて言っている北野とは、
ホント、対照的です…。
 

今井さんを見ていると、
 

「ホント、人それぞれ…
10人いれば10通りの、その人なりの
成功の仕方があるんだな」
 

そう感じさせてくれます。
 

そんな今井さんの
「ゼロストレス集客術」が
公開されています。
⇒ http://nakama-ouen.biz/l/c/0sS1kTOT/qLIOhhDD/
 

全国で説明会も行うようですが、
今井さんのコミュニティに入ると
“自然と成功していける”ので、
お薦めです。

是非、チェックしてみてください。
⇒ http://nakama-ouen.biz/l/c/0sS1kTOT/qLIOhhDD/
 

久々に、今井さんと
ご飯食べたくなったなぁ…。
 

北野も、疲れているのかな(笑)
 

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】【訃報】故・堀江信宏さんを偲ぶ……

0H2A2078
北野です、

スピードチェンジ・ジャパン株式会社、
一般社団法人コーチングカレッジ
代表理事の堀江信宏さんが、
7月11日にお亡くなりになりました。

46歳の若さで……その訃報を聞いた時に、
もう絶句しました。
 

北野と堀江さんの出会いは、
2010年秋のこと。

当時の堀江さんは、マイケル・ボルダックの
プロモーターとして、彼を世に送り出し、
他にも著名な作家、著者をプロデユースし、
私は、凄い“勢い”を感じていました。

銀座にセミナールーム付きの
オフィスを構え、堀江さんの
「スピードチェンジ・ジャパン」は、
私にとっては、目指すべき、
モデルにする会社した。
 

たまたま、堀江さんの会社の
スタッフの方が、私のメルマガの
読者さんだったこともあり、
 

「うちの堀江と一度会ってみませんか?」

…と連絡をもらい…。
 

「えっ、あの堀江さん!?マジかっ!」

…と興奮したことを覚えています。
 

堀江さんは、元商社マン(伊藤忠商事)で、
第一印象は、豪放磊落、エリート、
切れ者!という印象でした。

その一方で、優しく、気遣いが出来、
明るく、楽しく、話しているだけで
元気になれる…

なんか、“太陽”のような人で、

「ああっ、、この人は、誰からも
好かれる人なんだろうな…」

と思ったものです。
 

そして、なんと、堀江さんのセミナーに
ゲストで呼んでもらえることになり…。

堀江さん、平本あきおさん、そして、
北野の3人で、コーチングの
セミナーを行うことになります。

200名を超えるセミナーで、
そんな大人数の前でセミナーを
やるのは初めて!

ということで、本当にいい経験を
させて頂きました。

堀江さん、平本さんとの
パネルディスカッションも行いました。

そして、そのセミナーがきっかけで、
堀江さんと意気投合し、一緒に
講座を行うことになります。

ちなみに、その講座の講座生同士、
未だに交流があり、
「堀江さんを偲ぶ会」を行おう…
という話が進んでいます。
 

そして、その講座の成功を受けて、

「さらに大きなプロジェクトを
やりましょう!」と

企画を進めていた最中のこと…。
 

あの2011年3月11日、東日本大震災が発生。
 

堀江さんは、福岡に拠点を移す
ことになり、プロジェクトは中断を
余儀なくされます。
 

そこから堀江さんは、
一般社団法人コーチングカレッジを
立ち上げ、コーチングの普及に
力を注ぎます。
 

その頃は、お互いに、何度か会って、
食事をしながら情報交換をする…
という関係が続きました。
 

福岡で食事したこともあったし、
東京で食事をしたこともあったなぁ…。
 

そして、コーチングカレッジでの
活動を順調に続けていた矢先、
2015年9月に悪性リンパ腫とわかり、
抗ガン治療に専念。
 

そして、そこからの復帰を果たされます。
 

私は、恥ずかしながら、堀江さんが
ガン治療をされていたことを知らず、
復帰された後に連絡をもらって、
「えっ…」と驚いたものです。

「さすが、堀江さん、生命力、凄いですね」
なんて、やりとりを交わしていました。
 

そして、そこから再び交流が始まります。

堀江さんの復帰のセミナーや
出版記念パーティに呼んでもらったり、
私のオンラインサロンに
堀江さんが参加してくれたり…
 

そして、、、、、
 

「コーチングカレッジで大きな
プロモーションを考えているのですが、
真っ先に『北野さん』が思い浮かび…
是非、また一緒に仕事がしたいです!」

と連絡を頂きました!
 

堀江-北野コンビでまたプロジェクトが
動き出すことになったんです。
 

そして、打ち合わせの日程を
お互いに出し合って、調整していた
最中に、
 

「体調が悪化して、重度の肺炎として
診断されて…」と連絡がきて、
「治ったらまた連絡しますね!」と。
 

メールの調子は、明るい感じで、
 

「お気遣いありがとうございます。
お会いできるのを楽しみにしています。」
 

この2017年8月20日のメールのやりとりが、
堀江さんとの最後の「会話」になりました。

そして、今回の訃報。

もう絶句、でした。
 

まだまだやりたいことや
プロジェクトが山のようにあり、
大きな夢を持たれていたと思います。
 

「コーチング業界全体の
レベルアップを図っていきたい。」
 

とメールでも熱く語ってくれました。
 

ただ、堀江さんは、常に全力で
生きていた方なので、悔いはなかった
のでは…私自身はそう思っています。
 

同じ時期、時代を全力走り抜けた
“戦友”として、堀江さんのご冥福を
お祈りいたします。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)
 

追伸:

今日のメルマガは、かなり個人的な
内容になってしまいましたが、
堀江さんの業績を讃えたく、
メールに書かせて頂きました。

私は、お葬式の日は、スタジオ手配、
撮影準備、撮影が入っており、
どうしても参列できませんでした。

講座の受講生の方たちと、
「偲ぶ会」を開催したいと思っています。

【CL】【重要】あと20年は現役でヤレるな…

北野です、

金曜日に、「協会ビジネス」
「新・家元制度」の
前田 出(まえだ いずる)先生と
ランチをしていました。

前田先生と初めて会ったのは
確か、2009年の秋頃だったと
思います。

長野で行われた、ある合宿セミナーで
確か、前田先生は、ゲストか、招待で
来られていたと思います。

当時から前田先生は超有名で、
北野も、

「おっ、新・家元制度の前田先生だ!」
とミーハー的に見ていました(笑)

当時の私は、まだまだ知名度もなく、
売上も3000万円ぐらいの時。

「単なる一受講生」として
その合宿に参加していました。

前田先生とは、朝食時にテーブルが
一緒になり、挨拶はしたのですが、
本当に自己紹介をした程度。

でも、数年後に会った時、
前田先生はこの時のことを
覚えてくれていて、

「北野さんのこと、覚えていますよ。
何かギラギラしていたよね(笑)
今は、かなり落ち着いているよね。」

いやー、当時はギラギラして
いたか!(笑)ちょっと恥ずかしい
ですね・・・。

で、その後は、前田先生の
プロモーション時に対談をしたり、
先生のラジオ番組にゲストで
呼んでもらったり。

私の方も、先生の協会ビジネス
アカデミーに参加しました。

今回は、「これ!」という目的が
あった訳ではなく、お互いの
近況報告と情報交換ということで、
ランチをしたんですよね。

話は色々な分野に及び・・・・

ズバリ、前田先生に聞いてみたん
ですよね、

「前田先生は、今、働いています?
あとどのぐらい働くつもりなんですか?」

前田先生は1954年生まれの64歳。

世代的に言えば、
北野の一回り上の世代。

ちなみに、北野と同じ世代と
いうことで言えば、

「中井塾」の中井隆栄さん、
「しごとのプロ出版」の大坪勇二さん、
株式会社かめの福田亘位さんたちがそう。

で、前田先生は、今は、
協会ビジネスアカデミーの運営は、
息子さんに任せて、もう第一線は退き、
悠々自適な感じ……

あまり働いていないイメージ
だったんですよね。

で、その質問をしてみたんですが、

「いやー、バリバリ働いているよ!
協会ビジネスアカデミーは息子に任せて、
今は、自分の“ライフワーク的な”
ビジネスに取り組んでいます。」

とのこと。

そして、そのビジネスを、
この10年でやり切って、それで、
引退!という青写真のようです。

いやー、凄いなぁ・・・・・・

この10年間で、
協会ビジネスアカデミーを
後進に譲れるようにして、

さらにこれからの10年で、
新しいビジネスを立ち上げて
いこうとしている…

前田先生、めちゃカッコいいなぁ……。

で、私も、かなりの刺激と勇気を
もらいました。

ということは、、、、

「あと20年は、現役バリバリでやれる!」

前田先生が64歳の現在、現役で、
さらに次の10年、やろうとしている・・・。

であれば、北野も、後20年は頑張れる!!!

まぁ、北野は、150歳まで生きて、
149歳まで現役!というのを以前、
発表したことがありますが(笑)

年齢が積み重なってくると、

「この先どうしようか?」

「いつまで、自分は出来るん
だろうか?」

「本当にやりたかったことは?」

そんなことを考えて、ちょっと
苦しくなったりします。

私のメンターの村上さんが、

「メンターやモデリングする相手が
いない状態が一番苦しい。」

そんなことに言っていました。

方向性が見えない、先のビジョンが
見えない…将来に対しての漠然とした
不安…

そんな不安は、年齢を重ねていけば、
誰しもが持つものです。

そんな時は、やはり、メンターで
あったり、自分の先を行く、
見本になる人を見つけて、
モデリングするのが一番です。

今回、前田先生とランチをして、
そのことを改めて実感しました。

そして、北野も、後進のモデルに
なるような仕事の仕方、生き方が
出来れば、、、、

なーんて、大それたことを
考えたりしました。

前田先生、ありがとうございます!
(多分、このメルマガ、読んで
いると思う…)

では、また、メールします。
北野です、

金曜日に、「協会ビジネス」
「新・家元制度」の
前田 出(まえだ いずる)先生と
ランチをしていました。

前田先生と初めて会ったのは
確か、2009年の秋頃だったと
思います。

長野で行われた、ある合宿セミナーで
確か、前田先生は、ゲストか、招待で
来られていたと思います。

当時から前田先生は超有名で、
北野も、

「おっ、新・家元制度の前田先生だ!」
とミーハー的に見ていました(笑)

当時の私は、まだまだ知名度もなく、
売上も3000万円ぐらいの時。

「単なる一受講生」として
その合宿に参加していました。

前田先生とは、朝食時にテーブルが
一緒になり、挨拶はしたのですが、
本当に自己紹介をした程度。

でも、数年後に会った時、
前田先生はこの時のことを
覚えてくれていて、

「北野さんのこと、覚えていますよ。
何かギラギラしていたよね(笑)
今は、かなり落ち着いているよね。」

いやー、当時はギラギラして
いたか!(笑)ちょっと恥ずかしい
ですね・・・。

で、その後は、前田先生の
プロモーション時に対談をしたり、
先生のラジオ番組にゲストで
呼んでもらったり。

私の方も、先生の協会ビジネス
アカデミーに参加しました。

今回は、「これ!」という目的が
あった訳ではなく、お互いの
近況報告と情報交換ということで、
ランチをしたんですよね。

話は色々な分野に及び・・・・

ズバリ、前田先生に聞いてみたん
ですよね、

「前田先生は、今、働いています?
あとどのぐらい働くつもりなんですか?」

前田先生は1954年生まれの64歳。

世代的に言えば、
北野の一回り上の世代。

ちなみに、北野と同じ世代と
いうことで言えば、

「中井塾」の中井隆栄さん、
「しごとのプロ出版」の大坪勇二さん、
株式会社かめの福田亘位さんたちがそう。

で、前田先生は、今は、
協会ビジネスアカデミーの運営は、
息子さんに任せて、もう第一線は退き、
悠々自適な感じ……

あまり働いていないイメージ
だったんですよね。

で、その質問をしてみたんですが、

「いやー、バリバリ働いているよ!
協会ビジネスアカデミーは息子に任せて、
今は、自分の“ライフワーク的な”
ビジネスに取り組んでいます。」

とのこと。

そして、そのビジネスを、
この10年でやり切って、それで、
引退!という青写真のようです。

いやー、凄いなぁ・・・・・・

この10年間で、
協会ビジネスアカデミーを
後進に譲れるようにして、

さらにこれからの10年で、
新しいビジネスを立ち上げて
いこうとしている…

前田先生、めちゃカッコいいなぁ……。

で、私も、かなりの刺激と勇気を
もらいました。

ということは、、、、

「あと20年は、現役バリバリでやれる!」

前田先生が64歳の現在、現役で、
さらに次の10年、やろうとしている・・・。

であれば、北野も、後20年は頑張れる!!!

まぁ、北野は、150歳まで生きて、
149歳まで現役!というのを以前、
発表したことがありますが(笑)

年齢が積み重なってくると、

「この先どうしようか?」

「いつまで、自分は出来るん
だろうか?」

「本当にやりたかったことは?」

そんなことを考えて、ちょっと
苦しくなったりします。

私のメンターの村上さんが、

「メンターやモデリングする相手が
いない状態が一番苦しい。」

そんなことに言っていました。

方向性が見えない、先のビジョンが
見えない…将来に対しての漠然とした
不安…

そんな不安は、年齢を重ねていけば、
誰しもが持つものです。

そんな時は、やはり、メンターで
あったり、自分の先を行く、
見本になる人を見つけて、
モデリングするのが一番です。

今回、前田先生とランチをして、
そのことを改めて実感しました。

そして、北野も、後進のモデルに
なるような仕事の仕方、生き方が
出来れば、、、、

なーんて、大それたことを
考えたりしました。

前田先生、ありがとうございます!
(多分、このメルマガ、読んで
いると思う…)

では、また、メールします。

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】週末、四国の香川県に帰っていました。

0H2A1344
北野です、

週末(土曜日-月曜日)、超久々に
実家の香川県に帰っていました。

西日本の集中豪雨の影響が
心配だったこともあり、急遽、
帰ることにしたのですが、、、、、
 

香川県は屋島(やしま)で土砂崩れ、
各地で避難勧告が出たものの、
大きな被害はなく…。
 

「北野さん、地元が四国の
香川県ですよね?大丈夫ですか?」

…というメールを何通か頂きましたが、
お陰様で、香川県は被害はほとんど
ない状態です。

ですが、大きな被害があった
広島や岡山、愛媛には知人も多く、
また、講座の受講生の方や
クライアントさんもいて、不安で
心配な状況は続いています。

出来る範囲の中ではありますが、
何らかの支援活動をしていこうと
思っています。
 

そして、お亡くなりになった方々の
ご冥福をお祈りいたしますとともに、
被害に遭われたみなさまへ
心よりお見舞い申し上げます。
 

北野哲正

【CL】「誰か、協会、やりたい人、いない?」

0H2A0313「ちょっと面白いアイディアを
思いつきまして、、、、
そのための『協会』を立ち上げようと
思うんですけど、誰かやりたい人、
います?」
 

北野です。
 

先週末の土日(6月30日、7月1日)、
「マーケティングコーチ養成講座」の
セミナーだったんですが、

そこで、いきなり、冒頭の呼びかけを
受講生にしたんですよね。
 

すると、スパッ!と手を挙げた人が
一人いて(めちゃ早く手が挙がり
ました!)、
 

「おっ、じゃ、一緒にやりましょう!」
 

ということで、その場、ビジネスの
話がまとまりました。
 

もちろん、直ぐに利益が出るわけ
でもなく、しばらくは手弁当で
動いてもらうことになります。

ですが、僕らのコンサル型ビジネスは、
そこまで大きな予算は必要がない。
 

ほぼ、アイディアと実行力で
勝負できます。
 

なので、「スピード重視」。
 

で、その協会が上手くいった
あかつきには、

「報酬は自分で決めてもらって、
好きなだけとっていいよ!」

そんな条件にしようと思っています。

もちろん、売上目標や利益目標は
クリアした上で、、、ということには
なりますが。
 

それで、、、、
 

最近、「任せる」という形で、
ビジネスを立ち上げるスピードが
加速しています。

先日、メルマガに書いた
「大阪コンラボ」の件もそうですよね。
http://con-labo.jp/2018/07/3850/
 

これからのコンラボは、
チームメンバー(社員)や
外部パートナー、受講生の方に、
どんどん「チャンス」(機会)を
提供していこうと思います。

これまでは、「講座」という形で
提供してきたのですが、今後は、
 

「一般公募」や「北野が出資する」
 

…なんて形態も増えてくると思います。
 

このメルマガ【CL通信】の中でも。
いろいろな案内、募集、提案を
していきます。
 

「やりたい奴は手を挙げろ!」
 

こんなノリで行きたいな、と思います。
 

楽しみにしていてください。
 

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)