【CL】【第7話】人脈が尽きてきたぞ…(ちょっとヤバイ…)

0H2A0288北野です、

20-22日の3日間は、
メンターの村上宗嗣さんとの
「村上宗嗣×北野哲正マスターマインド
2018」のセミナー&グルコン&
3者面談型コンサルでした。

その合間に村上さんとの撮影もあり、
かなりビッシリな3日間でした。

でも、集中してやると、逆に、
テンションが上っていいですね。
 

「村上宗嗣×北野哲正
マスターマインド2018」は、
年間の参加費が500万円。

参加者は総勢29名。

・2000名以上の従業員を抱える
誰もが知っている企業の経営者、

・20億を超えるプロモーション会社
の社長、

・5年で年商60億に達した起業家の方、

・4店舗の飲食店を経営しながら、
飲食コンサルを行っている方、

・7億を超える英語コンテンツ
販売の会社の社長、

さらに、コーチ・コンサル系でも
ほぼ億超えメンバーという布陣。

ちなみに、29名中21名が
億超えの経営者です。

これだけのメンバーが集まると
場の力というか、相乗効果が
凄いことになりそうです……。
 

さて、、、、、、、

このところ、「コーチング起業」を
テーマにメルマガを書いています。
 

前回は、
 

「初期段階のクライアント獲得の方法」
 

…について書きました。
 

こんな内容です。

【第6話】「コーチングではなく、
◎◎を売れ!」
http://con-labo.jp/2018/02/3587/
 

動画でも解説しています。

 

“この方法”で、初期の頃は、
クライアント、簡単にとれますね。
 

北野は、最初の半年間は、
この方法で、20名ぐらい、
クライアントをとっていました。
 

ただ、、、、、、、
この方法、“限界”もあるんですよね。
 

“この方法”は、自分の知り合いや
既存の人脈には有効なんです。

ある程度、相手の状況が分かっていて、
色々と話しが聞ける間柄の際は
ハマります。
 

でも、、、そんな人脈には限りがある。
 

北野も、クライアントが20名を
超えたあたりから、
 

「うーん、、、、人脈が尽きてきたぞ…」
 

…という、ヤバい感覚に襲われました。
かなり焦ってきていました。
 

そこで!
 

・自分の既存の人脈以外にも
開拓していきたい

・できれば、ネットを使って、幅広く、
できれば全国へアピールしていきたい

そんなことを考えるように
なってきました。
 

そこで必要になってくるのが、、、、
そうですね、北野が常々言っている、
 

===============
ポジショニング
===============
 

これがめちゃくちゃめちゃくちゃ
めちゃくちゃ……重要になってきます。
 

ポジショニングとは、その業界で
“どんなポジションを取るか?”
ということ。

「専門性」と言ってもいいかも
しれません。
 

単なるコーチ、と言っても、
他にもコーチがいっぱいいる訳で。

その中で選んでもらうためには、
「独自の専門性」が必要となって
きます。
 

北野の場合であれば、

—————————
マーケティング分野に強く、
マーケコンサルとコーチングの
両方が出来る
「マーケティングコーチ」
—————————
 

…というポジションを確立しました。
 

このポジションを取れたことで、
うちの会社は年商5.6億円まできた、
と言っても過言ではないです。
 

まさに、「マーケティングコーチ」
さまさま、です。
 

ただ、、、、、
 

最初からこの
「マーケティングコーチ」という
ポジションが確立出来ていたかと
言えば、そうではなくて…。
 

北野が、この
「マーケティングコーチ」に
辿り着くには、なんと「8ヶ月」の
期間を要しました。
 

「ポジショニング」に取り組んで、
8ヶ月後、ようやく、
「マーケティングコーチ」に
たどり着いたんです。
 

思えば、あの頃が、一番キツくて、
悶々としていたなぁ…。
 

「ポジショニングが決まらない…
考えれば考えるほど分からなくなる…
頭の中がごっちゃごちゃに…」
 

そんな状態でしたね。
 

では、北野が
 

「どうやってポジショニングを
構築し、最終的に、
“マーケティングコーチ”に
たどり着いたか?」
 

そんな話を次回以降、
書いていこうと思います。
 

いやー、懐かしいなぁ…。

2005年10月-2006年6月頃の話です。
 

あなたがポジショニングを
考える上でも、めっちゃヒントに
なるような話が出来れば…と思います。

がんばって書きますね。

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)
 

追伸:

このところ書いてきた
「コーチング起業」の話です。

バックナンバー的にお読みくださいね。

・【第1話】【新連載】人生最大の転機。
(面白いよー)
http://con-labo.jp/2018/02/3560/

・【第2話】これ、儲かるんじゃないの?
(直感っす)
http://con-labo.jp/2018/02/3563/

・【第3話】初月は「月商4000円」
(4000万円、じゃないよ)
http://con-labo.jp/2018/02/3570/

・【第4話】“コーチ型コンサルタント”とは?
(これ、ウケました)
http://con-labo.jp/2018/02/3573/

・【第5話】“勢い”で押し倒す……
(動画もあるよ)
http://con-labo.jp/2018/02/3576/

・【第6話】「コーチングではなく、
◎◎を売れ!」(未だに効果的)
http://con-labo.jp/2018/02/3587/

【CL】【重要】「マーケティングLove」な奴らには敵わない。

170924Kitano048北野です、
 

「この土日はやることがなくて、
外出したのは、コンビニにタバコと
弁当を買いに行っただけ……。
あとは、ダイレクト出版の
オンライン教材を観ていました。」
 

うちの会社(コンラボ)は、
毎週月曜日の朝一番で、全メンバーが
集まって「週間ミーティング」を
行っています。

その週間ミーティングの最初に、
「チェックイン」というのをやります。

これは、

・最近の出来事や考えていることを話す

・特に仕事に関係したことでなくてOK

・各自、1-2分で自由に話す

…というもので、大体、この週末に
何をやっていたか、を話すのが
定番になっています。

これをやると、全体がリラックスした
状態になって、会議が上手く進行
しやすくなるんですよね。
 

で、冒頭の、
 

「この土日はやることがなくて、
外出したのは、コンビニにタバコと
弁当を買いに行っただけ……。
あとは、ダイレクト出版の
オンライン教材を観ていました…。」
 

これなんですが、実は、
うちのマーケティングディレクター&
コピーライターの中村くんが
一昨日のチェックインで話したこと。

彼、27歳で独身なんですが、
今、彼女もいなくて(絶賛募集中!)
土日はダラダラ過ごすことが
多いようです。

休みの日も、一歩も家から出ない
ことも多いらしく
「大丈夫か……」とちょっと心配に
なったりするんですが…。

で、何をやっているかと言えば、
コピーを買いたり、マーケティングの
教材を観たり、マーケティングの本を
読んだりして休日を過ごしている
わけです。
 

この中村くんの休日の過ごし方が
いいか悪いかは別として、、、、

彼のように、休日もマーケティング
しちゃう状態を、うちの会社では、
「マーケティングLove」と呼んでいます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

要するに、趣味がマーケティングで、
マーケティングオタクで、いつも
ずーっとマーケティングのことを
考えている状態。

電車に乗っても、吊革広告のコピーに
目が行き、映画を観ていても、
「これ、マーケティングに使える
アイディアじゃん!」とメモを
取り出す…。

恐らく、彼女がいたら、絶対に
嫌がられるパターンだと思います(笑)
 

ちなみに、北野も、海外のリゾートに
行って、優雅にプールサイドで・・・・

結局、マーケティングの本を
読んでいたりします(苦笑)
 

 

それで、、、

実は、この「マーケティングLove」
というのは、うちの会社コンラボの
「コアバリュー」の一つなんです。

「コアバリュー」というのは、
会社として大事にする価値観であり、
行動指針のこと。

ちなみに、こんな風に表現しています。

===============
「マーケティングLove」
===============
「趣味はマーケティング」だと言える人。
努力は「好き」には敵わない。
===============
 

要するにコンラボでは、今後、
「マーケティングLove」な人しか
採用しないし、チームメンバーも
いかに「マーケティングLove」で
あるかが、評価の基準になります。
 

結局のところ、

「マーケティングを勉強します」と
言って、コツコツ努力する人よりも、

「いやー、マーケティングって
面白なぁ、楽しいなぁ、ずーっと
考えていても飽きないなぁ…」

…という人の方が強いわけですよ。
 

「努力」は「好き」には敵わないと
思うわけ。
 

 

もし、あなたが、

「マーケティングが上手くいかない。
成果が出ない。」という状態だとしたら、

それは、もしかしたら、、、、、、

「マーケティングLove」が
足りないじゃないか?
 

まずは、マーケティング(分かりやすく
言えば、「集客」ですね)で成果を
出したければ、
「マーケティングLove」になること。
 

これが近道じゃないか。
やっぱり、「好き」な奴には
敵わないからね。
 

今日は、コーチング起業における
「クライアント獲得」の話を
書こうと思っていましたが、
急遽、予定変更。

「マーケティングLove」について
書いちゃいました。。。。。。
 

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)
 

追伸:

コンラボで、今、サブディレクターとして
メキメキと実力をつけている
「山田知佐枝」というメンバーがいます。

彼女、今日は代休をとって、
自費で他社のマーケティングセミナー
に行くようです。

彼女も、かなり「マーケティングLove」
な人材と言えますね…。

【CL】【第6話】「コーチングではなく、◎◎を売れ!」(未だに効果的)

0H2A1125北野です、

私のビジネスパートナーであり、
女性専門の起業塾「ヴィーナス塾」を
主宰した「碇のり子さん」の
新刊が出ました!

===============
エネルギーのバリアで、お金も愛も手に入る
「結界のはり方」
http://abaql.biz/brd/archives/fkypiw.html
※現在、新刊記念キャンペーン中!
===============
 

実は、スピ業界では、2018年は、
この「結界」というのが
ちょっとしたブーム、そして、
ヒットキーワードになりそう
なんです。
 

あと、碇さんのこの本、
副題として、

“「引き寄せる力」よりも大事なのは
「引き寄せない力」”、

…となっていますが、この切り口、
かなりイケていますよね。

「引き寄せ」を上手くズラした感じで。

これは売れそうだぁ………。
私も読んでみたいと思います。
http://abaql.biz/brd/archives/fkypiw.html
 

さて、、、、

このところ、「コーチング起業」を
テーマにメルマガを書いています。

こんな感じです。

・【第1話】【新連載】人生最大の転機。
(面白いよー)
http://con-labo.jp/2018/02/3560/

・【第2話】これ、儲かるんじゃないの?
(直感っす)
http://con-labo.jp/2018/02/3563/

・【第3話】初月は「月商4000円」
(4000万円、じゃないよ)
http://con-labo.jp/2018/02/3570/

・【第4話】“コーチ型コンサルタント”とは?
(これ、ウケました)
http://con-labo.jp/2018/02/3573/

・【第5話】“勢い”で押し倒す……
(動画もあるよ)
http://con-labo.jp/2018/02/3576/

前回は、「クライアント獲得」を
テーマに、
「意外と“勢い”が大事だよ」
みたいな話をしました。

動画でもちょっと熱く、語りましたね。

 

で、今日は、クライアント獲得の、
もっと具体的なノウハウをお伝えします。
 

これが最大のノウハウかな!?
 

ポイントは、
 

「コーチングを売るのではなく、
◎◎を売れ!」
 

今日も、動画で話してみました。

まぁ、北野は、このやり方で、
コーチング起業初期は、バンバン、
クライアントを獲得していました。

===============
クライアント獲得の秘訣は……
「コーチングを売るのではなく、
◎◎を売れ!」

===============
 

ちなみに、北野は、
「コーチング」と言わずに、
「コーチング」を売っていたかな…。

何か、禅問答みたいですけど。

とにかく、動画を見てみてください。

 

未だに効果的な「不変の売り方」
だと思います。
 

で、、、このやり方で、確実に
クライアントをとることが出来ます。

コーチングを始めたばかりの方は、
是非、このやり方でクライアントを
獲得していってください。
 

ただ、、、、、、

このやり方、限界もあるんですよね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

最初はこのやり方でいいんだけど、
そのうちに限界がきます。
 

それはなぜか?では、次にどうすべきか?
 

北野が、コーチング起業で、
「クライアント獲得」の
次のステージに行くために
行ったことを次回、お伝えしますね。

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】【第5話】“勢い”で押し倒す……(動画もあるよ)

170924Kitano095北野です、

コーチングで起業する時、
一番問題になるのは、

「売上を上げること」、

そう、クライアントを獲得する
ことです。
 

幾らコーチングスキルを学んで、
身につけても、実践で使える
訳ではない…。
 

運転免許をとる時と同じで、
やはり路上に出て、実際に運転して
みないと運転技術は身につかないわけ。

コーチングも、クライアントを
獲得して、実践してこそスキルが
身につき、上手くなる。
 

という訳で、今日は、
「コーチングのクライアント獲得」
について書いていきます。
 

と、その前に、ひとつ、お知らせ。

—————————
あなたは「プロダクトローンチ」という
マーケティング&セールス手法を
知っていますか?

動画を使った手法で、北野もこれが
めちゃ得意。

で再三、「プロダクトローンチ」を
仕掛けています。

一部では、「ローンチはもう下火
じゃないの…?」と言われていますが、
いえいえ全然。

まだまだこれからでしょ!って感じ。

逆に、もう“主流”になったので、
「当たり前」「一般的」になった
感じかな。

実は、「プロダクトローンチ」は
私が思うに、マーケティングの本質を
突いた「王道」の手法.
 

なので広がることはあっても、
廃れることはないんですよね。
 

その「プロダクトローンチ」の
“世界一簡単な”やり方を教えて
くれるのが、ザ・リード株式会社の
田中祐一さんです。
http://m.1gnitestrategy.com/l/c/o3uWcxJS/CSekxVaq/

田中さんは、数々のローンチの
仕掛け人。

で、そのノウハウもさることながら、
彼を中心とした「コミュニティ」が
(田中の部=たな部)
素晴らしく、みんなで集客を協力
しあう仕組みが出来ています。

これは大きいですよね……。

ローンチに興味がある方、そして、
集客支援の仲間が欲しい方は、
こちらに登録しておくこと、
お薦めします。
http://m.1gnitestrategy.com/l/c/o3uWcxJS/CSekxVaq/
 

田中さんは、先日、一緒に天婦羅を
食べたんですが、ご馳走してくれました、
なので、めちゃいい人です(笑)

というのは置いておいても、ホント、
田中さん、人柄も素晴らしいです。
—————————
 

じゃ、ここからが、本題。

「コーチングのクライアント獲得」
について、です。
 

特に、最初の段階、、、、

実績も何もない状態で、
いかに、クライアントを獲得して
いくか?ですよね。
 

本当に多いです、、、、
「実績がないから、クライアントが
取れないんです…」という方。
 

厳しく、そして、本音を言えば、

「誰だって最初は実績がないんだから!
そこは何とかしろよ!」

…と言いたいのですが、、、、
 

それを言っちゃうと元も子もないので
幾つかノウハウを話すと、、、、
 

まずは、、、、、
 

 

「勢い」
 

 

これですね、これが一番かも。
 

「えっ、、、、、北野さん、
“勢い”って、、、、それ、ノウハウでも
何でもないじゃないですか…。」
 

そう思った方もいるかもしれません。
うん、そんな気もしますが……。
 

でもね、これって、めちゃ重要
なんですよ、実は。
 

人がモノを買う時、、、、この場合だと、
あなたのコーチングに申し込む時ね、
 

「理屈よりも、まず感情」
 

まずは、「いいな」「欲しいな」と
思ってもらうことが最初。
 

「感情」を動かすことが先。
「理屈」で説得するのはその後。
 

で、書くと長くなりそうなので、
久々に動画をアップしてみました。

—————————
・コーチングでクライアントを
獲得する際、“実は”かなり、
重要なことvol.1:「勢い」

—————————
 

結構、「核心」を突いた話を
しているので是非、観て欲しいです。
 

ちなみに、この動画、かなり、
“勢い”があります。

なので、かなり“伝わるもの”が
あるんじゃないかな?
 

という訳で、あなたがクライアントを
獲得する際も、“勢い”が大切ってこと。
 

まずは、動画、見てみてね。

—————————
・コーチングでクライアントを
獲得する際、“実は”かなり、
重要なことvol.1:「勢い」

—————————
 

もっと、テクニック的なことも
公開していきますが、まずは、
この「勢い」、結構、重要です。
 

では、また。

次回は、「クライアント獲得」に
ついて、もうちょっとノウハウ的な
こと、書いていきます。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】【第4話】“コーチ型コンサルタント”とは?(これ、ウケました)

170924Kitano098北野です、

北野の12冊めの電子書籍が、
(おおっ、もう、そんなに
出していたのか…)発刊されました。

「7つの起業戦略」
http://con-labo.jp/trk/seven-strategy
 

で、発刊記念で、本日まで、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
500円⇒199円 となっています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ゼロから年商3億レベルまでは、
「ここだけに集中してやっておけば
いいよ!」という内容です。

あなたの今後のロードマップ
(道しるべ)になる内容なので、
コンサル型起業家の方には、
「一家に一冊欲しい」内容です(笑)

コンパクトにまとまっていて
サラリと読めるので、是非。
http://con-labo.jp/trk/seven-strategy
 

さて、、、、、

昨日は、仙道達也さんとの
「“億プロ”マーケティングコンサルタント
養成講座」のセミナーでした。

この講座、成果の出方が半端じゃないです。

昨日も、講座の参加者同士でタッグを
組んだ企画が、5400万円を突破した!
という報告が入り、

また、億プロの講座の中で企画した案件が、
8000万円を超えたり、1億2000万円を
超えたり、

起業1年目なのに、3000万円を超えた
スピ系の女性起業家の方が出たり…

…という派手な結果がだけでなく、

「半年で20万円に売り上げしか
なかったのに、億プロに参加した
半年で300万円を超えました。
あと、ブログ経由で商工会議所から
講師依頼が来ました。」

…というような、数百万クラスの
売上報告ならボコボコボコと…
 

いやー、こういう成果が出るバンバン出る
講座は、ホント、楽しいね。
 

それで、、、、

その講座の中で、昨日は、北野が、
「コンサルタントスキル」というテーマで
セミナーをやったんです。

コンサルタントとして、クライアントに
成果を出させるためのスキルですね。
 

で、その内容が、今日の件名にも
なっている「コーチ型コンサルタント」
だったんです。
 

「えっ、コーチ型コンサルタントって
なんだ?」と思った方もいるかと思います。
 

この「コーチ型コンサルタント」というは、
12年前、北野がコーチングを始めた時に、
打ち出したコンセプトなんですよね。
 

一言で言えば、
 

—————————
「コーチングスキルを取り入れた
コンサルタント」
—————————
 

…ということになります。
 

見方を変えれば、

「コーチングとコンサルティングの
いいとこ取り」

…ということかな。
 

このコンセプト、今では、かなりの人が
打ち出しているんですが、当時は
なかったんですよね、これが。
 

北野がコーチングを学び始めた
2005年当時、なんとなく、
 

コーチ VS コンサルタント
 

…という図式があって、敵対している
ような印象だったんですよね。
 

コンサルタントの言い分としては、

「コーチングなんて成果出ないでしょ。
“答えはクライアントに中にある”なんて、
答えがない場合が多いんだから」

※コーチングは【答えはクライアントの
中にある】という前提で、それを
引き出していくのが基本。
 

で、コーチの言い分としては、

「今の時代、答えを押し付ける
コンサルタントなんて駄目でしょ。
クライアントの力を引き出すことが
大事なんですよ。」
 

まぁ、こんな感じでした………。
 

で、北野は思ったんですよね、
 

「いやいや、どっちも“いいところ”が
あるんだから融合しちゃえばいいじゃん。
いいとこ取りすればいいじゃん。」
 

大事なのは、クライアントに成果を
出させることなんだから、そこに
フォーカスしようよ、と。
 

で、これが当時、めちゃウケたんですよね。
 

北野の肩書き&ポジショニングは、
「マーケティングコーチ」なのですが、
これって、
 

「マーケティングコンサルと
コーチングの両輪で、クライアントの
起業や売上げアップに貢献するコーチ」
 

ってこと。
 

この“両輪で”っていうのが、
クライアントさんにはすっごく
評判がよかったみたい。

なんか、いいとこ取りで、お得な感じ、
しますよね。
 

で、北野は、この「コーチ型コンサルタント」
「マーケティングコーチ」として、一気に、
コーチとしての実績を伸ばしたんですよね。
 

それで、昨日の“億プロ”では、この
「コーチ型コンサルタント」をテーマに
話をしたんですが、これがまたウケた。
 

公開コーチングもやったんですが、

「北野さん、コーチング、出来るんですね!
初めてみました!」
(苦笑…私、本職はコーチなんですけど)

「凄いです!いつものマーケティングの
セミナーよりも良かった!一番よかったかも!」
 

一番得意なマーケティングではなく、
コーチングがウケた…。
 

そんな嬉しいような悲しような…
ちょっと複雑な気分でしたが(笑)、
 

「コーチ型コンサルタント」
 

このスタイルは、とっても
求められているんだな、と感じましたね。
 

今日のメルマガ、いかがでしたか?
 

今日は、元々は、「コーチングでの
クライアント獲得の仕方」について
書いていこうと思っていたんです。

でも、昨日のセミナーのこともあり、
急遽、「コーチ型コンサルタント」を
テーマに書いてみました。
 

明日は、「コーチングでのクライアント
獲得の仕方」について書きますね。

では、また。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)
 

【編集後記】

このところ、「コーチング起業」
「プロコーチになる方法」をテーマに、
北野の体験談をベースにメルマガを書いています。

今日が「第4話」だったんですが、
いかがですか?

感想とか、もらえると嬉しいです。
 

で、これまでの内容はこんな感じです。

・【第1話】【新連載】人生最大の転機。
(面白いよー)
http://con-labo.jp/2018/02/3560/

・【第2話】これ、儲かるんじゃないの?
(直感っす)
http://con-labo.jp/2018/02/3563/

・【第3話】【第3話】初月は「月商4000円」
(4000万円、じゃないよ)
http://con-labo.jp/2018/02/3570/
 

引き続き、連載していくので、
よろしく、です。

【CL】【第3話】初月は「月商4000円」。(4000万円、じゃないよ)

0H2A1344北野です、

土・日・月と、ちょっとメルマガ、
休んじゃいましたね。

「第3話が来ないです…」という
メールを頂いたんですが、
はい、そうです、今日が「第3話」です。
 

このところ、北野の体験談をベースに
「コーチング起業」をテーマに
メルマガを書いています。

なかなか、面白いね、書いていても。
 

で、今日は第3話、いきます。

ちなみに、第1話、第2話は
こんな感じです。

・【第1話】【新連載】人生最大の転機。
(面白いよー)
http://con-labo.jp/2018/02/3560/

・【第2話】これ、儲かるんじゃないの?
(直感っす)
http://con-labo.jp/2018/02/3563/
 

北野は、コーチ・トゥエンティワン
(現コーチ・エィ)のCTP(コーチング
トレーニングプログラム)で
コーチングを学びました。

それが、2005年10月のこと。

で、最初のクライアントは、知り合いの
エステサロンの女性経営者。

1回50分のセッションで2000円。
月2回で4000円。
 

初月は「月商4000円」です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 

4000万円でもなく、400万円でもなく、
40万円でもなく、4万円でもなく、、、、
 

4000円。
 

この「4000円」が、北野のコーチ
としての最初の売上でした。
 

何か、勇気、出ませんか?(笑)
 

初月4000円の売上からスタートして、
今や、年商5.6億円になっています。

ってことは、あなたも大いに可能性が
あるわけですよ。
 

それで、、、、、

北野は、今、自身のコーチングの
講座やマーケティングの講座で、
 

「とにかく、セッションでも、
セミナーでも、講座でも、
“高単価”にしてね!
高付加価値&高単価にしないと
直ぐに限界が来るよ!」
 

…と言う風に、講座生に激を
飛ばしています。
 

でも、自分自身は、実は、
1回2000円という超低価格で
スタートしたんですよね。

あはは、、、ははっ………。
 

なので、本当は偉そうなこと、
言えないんですけど。
 

もちろん、色々な経験を積む中で、
「最初からある程度の高単価で
行かなくちゃ!」という持論が
出来上がってきたんですが。
 

まっ、兎にも角にも、最初は、
「1回2000円」からのスタート
でした。

 

ただ、ちょっと自慢したいのは、、、、
 

===============
1回2000円とは言え、直ぐに
クライアント獲得に動いた。
===============
 

これが大きかったんじゃないかな。
 

北野がコーチングを学び始めたのは
2005年10月のこと。

それで、最初のクライアントを
獲得したのも2005年10月。
 

これ、直感で分かったんですが、

—————————
単にコーチングスキルを学んだだけじゃ、
コーチングを出来るように
ならないだろうな…。
直ぐにクライアントをとって
実践&実戦に移さねば…
—————————
 

運転免許と同じです。

いくら机上で学んでも、路上に出て
運転しないと、運転出来るようには
なりませんよね?

それとおんなじ。
 

この「コーチングを学ぶ」と
「クライアント獲得」の両輪を
直ぐに実行したこと。
 

今思えば、これが、北野がコーチとして
ある程度の成功を収めたポイント、
そして、出発点だったんじゃないかと。
 

あと、北野は、これまで、
「無料クライアント」というものは
一人もとっていません。

そもそも「無料クライアント」
という概念がなく、
「クライアントは有料しかない
だろっ!」と思い込んでいました
からね。

お金を頂くことで、コーチ側も
クライアント側も“本気”になりますから。
 

とにかく!!!
 

—————————
コーチングを学び始めて直ぐに、
クランアント獲得に動き、
実践&実戦で、スキルを高めていった。
—————————
 

あなたが、もし、プロコーチとして
やっていきたいのなら、1日でも早く、
一人でも多くのクライアントをとるべし。

ここを意識してみてください。
 

では、次回は、、、、、
 

実績も経験もない北野が、
 

「どうやってクライアントを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
獲得していったか?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 

そのあたりを書いて行きます。

結構、興味ある人、多いんじゃないかな。

では、また、明日。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】【新刊】15日まで199円!300万円⇒5.6億円の秘密。

0H2A0313北野です、

3連休で、香川県に帰ってきています。
 

さて、今日はお知らせです。

北野の電子書籍の新刊が
発売されました。
http://con-labo.jp/trk/seven-strategy
 

===============
コーチ・コンサル型ビジネスで
起業してゼロから3億円を超えるための
「7つの起業戦略」
===============
 

この「7つの起業戦略」は、
今、コンラボのマーケティングの
中心になっている考え方。

2005年10月からコーチングを
始めて、初年度は年商300万円。

そこから12年で、年商5.6億円までに
なったコンラボの戦略は、
この「7つ」に集約されます。
http://con-labo.jp/trk/seven-strategy
 

今回は、概論的な内容なので、
さーっと読んで全体像を掴むには
最適な内容になっています。
 

2月15日(木)までは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
500円⇒199円となっていますので、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この機会に是非。
http://con-labo.jp/trk/seven-strategy
 

さて、、、このところ、
「コーチング起業」について、
メルマガを書いています。

・【新連載】人生最大の転機。(面白いよー)
http://con-labo.jp/2018/02/3560/

・【第2話】これ、儲かるんじゃないの?
(直感っす)
http://con-labo.jp/2018/02/3563/
 

あるメルマガ読者さんから、
「第3話が届いていないんですが…」
というメールを頂いたんですが、、、、

まだ、第3話、書いてないですから(笑)
 

明日、第3話をお届けしますね。
 

コーチングで起業して、
北野が、初年度300万円から、
いかにして年商5.6億円までに
なったか、、、、

その軌跡を紹介していきます。
 

上手く行ったことはもちろん、
「上手く行かなった失敗事例」が
役に立つんじゃないうかな。

楽しみにして頂ければと思います。
 

では、また、明日。

今日はこれから、東京へ、戻りまっす!
 

北野哲正
(香川県高松市の実家にて)

【CL】【第2話】これ、儲かるんじゃないの?(直感っす)

170924Kitano095北野です、
 

「北野さんは、何がきっかけで
コーチングを始めたんですか?」
 

これ、コーチング講座の受講生から
よく聞かれることなんですよね。
 

人の役に立ちたい?

クライアントの成長に関わりたい?

社会に貢献したい?
 

いえいえいえいえ、最初のきっかけは、、、、
 

「儲かりそうだから。稼げそうだから。」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 

うわっ、言っちゃった……。
ちょっと好感度、下がったかな(笑)
 

今でこそ、

「新職種を創る」とか、
「WIN×WIN×WIN×WIN」とか、
「コンサル型ビジネスでの起業支援」とか、
「スモールビジネス起業支援で
日本一を目指す」とかetc…
 

なんてことを言っていますが、
元々の理由は、
 

「儲かりそうだから。稼げそうだから。」
 

これだったんですよね。
 

昨日のメールにも書きましたが、
コーチングを学び始めた
2005年10月当時は、もう、
ビジネス的には最悪&どん底の状態。
 

こんな感じでした。
http://con-labo.jp/2018/02/3560/
 

経営していた広告制作会社は
借金500万円で解散。

右腕&デザイナーに独立され、
仕事の3分の1は持っていかれ、

さらに、左足の骨折が重なり、
仕事は激減。

コピーライターとしての
自分の才能にも限界を感じて
いました。
 

「やばいよ、やばいよ
(出川哲郎みたいね苦笑)」

…という状態だね。
 

「このままじゃ駄目だ……。
何か、新しいことを始めないと…」
 

そんな、焦って、もがいていた
状況の中で、「コーチング」
というものに出会い、
 

「おっ、これ、もしかしたら……
コーチングをやって、プロコーチに
なれば、稼げるんじゃないか?
儲かるんじゃないか?」
 

…そんな安易な、下世話な理由で、
そして、藁(わら)をもすがる思いで
コーチング講座に参加したんです。
 

そんな理由で始めたわけですよ、
最初はね。
 

で、当時、借金500万円だったんですが、
今では、コンラボは年商5.6億円。

もちろん、無借金です。

今期は6億円とか行きそうです。
 

「おおっ、俺、もしかしたら凄いんじゃ
ねぇの?」とちょっと自分を褒めたりして。
 

そう考えてみると、やっぱり、あの時、
2005年10月に「コーチング」に
出会ったことが、、、、
 

「人生の最大の転機」だったのかな、
と思います。
 

で、その「コーチング」ですが、
最初から「儲かったか?」と言えば、
そうでもなくて…。
 

初月の売上は「4000円」。

4000万円じゃないですよ、
40万円でもなく、4万円でもなく、
「4000円」です。
 

で、最初の年の年商は300万円でした。
 

年収ではなく、年商です。
かなりヤバイですよね、、、、、

決して、最初から順風満帆では
なかった、ということ。
 

じゃ、どんな風に、北野が
コーチングビジネスを立ち上げて
行ったのか…

そして、年商5.6億円まで
辿りついたのか?
 

次回、そのあたりのこと、
書いちゃいますね。
 

to be continued…(明日へ続く)
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】【新連載】人生最大の転機。(面白いよ~)

0H2A1125北野です、

かなり古い話になります、
もう12年前の話です。

2005年10月のことです。
 

今から考えると、これが、
北野の「人生で最大の転機」だった
かもしれません。
 

「コーチング」との出会いです。
 

その頃、私は、コピーライターとして
広告制作会社を経営していました。

正確に言うと、その経営がうまく行かず、
会社を解散させていた頃です。
 

ちょっと前までは、羽振りもよく、
多い時は、コピーライター3名、
デザイナー3名というの体制で
地方としては(香川県です)
そこそこの規模でやっていました。

年収で言えば、2000万円ぐらいは
あったかな。
 

ただ、めちゃくちゃ忙しくて、
働き詰めの毎日。

ちなみに、その前後5年(10年間)は、
一切も旅行などもいかず、土日も
基本仕事の日々。

子供の運動会も、小-高校生を通じて、
1回しか行けていません。
(これはかなり後悔…)
 

ただ、基本、仕事は好きだったし、

「フリーランスだし、これは仕方ないよね」

…と思って、ほとんど休みなく働いて
いました。

それはそれで良かったかな。
子供のこと以外は後悔はしていません。
 

働けば働いた分だけ収入になるし、
「お金」はかなりのモチベーションの
原動力になっていた。

マンションも買えたし、外車
(アルファロメオ)も購入することが
出来たしね。
 

ただ、、、、2005年10月当時、
ビジネス的には“最悪の状況”に
なっていた。

前年1000万円近く仕事をもらっていた
メインクライアントの業績が悪化、
そこから売上がほぼ0円に。

で、さらに、右腕だった
コピーライターが、社内のデザイナーと
組んで独立。

うちの仕事を持って出ることになり、
かなりの仕事(3分1のぐらいかな)が
彼らに流れること…。
 

「北野さん、ごめん。
彼らの方が安いし、仕事も早いので…
我々も予算がキツイんだよね…」
 

仕事をもらっていた広告代理店の
営業マンからそう言われると、

「いいですよ。それはしょうがない
ですから…。うちも結構、他の仕事が
忙しいので…」

…と見栄を張るしかなかったです。
 

で、、、、

さらにさらに悪い事が重なり、
その頃、左足を骨折。
(酔っ払って田んぼに落ちて
骨折っす苦笑)
 

コピーライターの仕事って、
結構、取材や打ち合わせが多く、
足の骨折って、もろに仕事に影響
するんですよね。

ここで、受ける仕事がさらに激減する。
 

そう言えば、一度、骨折したまま、
オートマの軽自動車を借りて、
ギブスの左足をダッシュボードの
上に乗せて、松葉杖を持って、
広島まで取材に行ったこともあるなぁ…。
 

そんな最悪の状況の中で、会社は
慢性赤字の状態に陥り、
「これ以上やっても駄目か…」
と力尽き、さらに悪化して
倒産する手前で会社を解散。
 

スタッフの再雇用に奔走して、
全員の就職先は確保。

で、デザイナーが一人だけ残り、
彼との2人体制になりました。

ただ、給与は払えないので、
歩合制の出来高払いに
切り替えてもらいました。

ちなみに、その彼
(高橋くんっていいます)とは、
未だに細々ですが、仕事のやりとりを
やっています。余談ですが。
 

というわけで、、、、、

2005年10月頃っていうのは、
ほぼ起業時の振り出し状態に戻り、
借金を抱え(500万円ぐらい)、
「一人起業」の状態に戻った時期です。
 

「さて、、、この先、どうするか……
コピーライターをこのまま続けていても
限界だし、カラダもキツイ。
何か他にないのか…」
 

そこで、出会ったのが、、、、、
 

「コーチング」・・・・だったんです。
 

2005年10月、北野の
コーチ・トゥエンティワン
(現コーチ・エィ)の
「コーチングトレーニング
プログラム(CTP)」の受講が
始まりました。
 

これが文字通り、北野の
「人生の最大の転機」になりました。
 

to be continued…(明日へ続く)
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【CL】【重要】「脳科学」でスピードサクセスを手に入れる。

0H2A2243北野です、

今日はお知らせメールです。

私の尊敬するビジネスパートナー
であり、コンサル仲間である
「中井隆栄先生」の……

「中井隆栄経営塾」の募集が
スタートしています。
http://www.magiclamp.co.jp/1day/
 

中井塾の内容を一言で表現するなら・・・・
 

—————————
脳科学でスピードサクセスを手に入れる
—————————
 

これなんですよね。

詳しくは、こちらのページを
見て欲しいのですが、
http://www.magiclamp.co.jp/1day/
 

中井先生は「脳科学」「心理学」に
精通した経営コンサルタント。

また、京都でもトップクラスの
不動産管理会社を経営するなど、
実業家でもあります。

中井塾では、マーケティングや
ビジネススキル、習慣化を
「脳科学」や「心理学」を利用して
短期間で成果が出るように講座を
設計しています。

また、、、、講座に参加する方が
コーチ、コンサル、そして、経営者の方が
多く、質の高い人脈が築ける……
ということも大きな魅力です。
 

その「中井塾」の、いわば、
フロントセミナーとも言えるのが、

—————————
『幸せな成功者』育成1日特別講座
http://www.magiclamp.co.jp/1day/
—————————
 

フロントセミナーと言っても、
1000-1800と、丸1日を掛けて
しっかり学べる講座です。

それで、この1dayセミナー、
通常の参加費は2万円ですが、

「北野さんの紹介だよ!」と
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
いうことであれば、特別価格の
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1万円で参加することが出来ます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 

申込みボタンをどんどんクリック
していくと、紹介者の「ある・なし」を
選ぶようになり、その後、
「紹介者名」を書く欄が出てきます。

そこに「北野さん」と書いてもらえば
特別価格の1万円で参加出来るように
なります。

かなり濃密な1日講座なので、
中井塾に参加する・しないに関わらず、
一度体験してみることをお薦めします。
http://www.magiclamp.co.jp/1day/
 

さて、、、、
 

今日は、北野が単独で講師を務める
「商品戦略マスターコース」第2期の
セミナーです。

実は、第1期は募集1日で30名、
第2期は募集3日で20名が集まり、
早々に募集を打ち切った、言って見れば、
“幻のセミナー”です。

次々とヒットコンセプトを生み出している
“コンラボの真髄”とも言える内容です。

4月にはオンライン教材としても
販売する予定なので、またその時、
お知らせしますね。
 

では、また。
 

それで、、、、

明日からは、久々に、
「コーチング」についてがっつりと
書いていこうかな、と思っています。

コーチングに興味のある方、
コーチの方、楽しみにしていてください。
 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

【編集後記】

昨日は、ダイレクト出版の小川さんと
ご飯を食べていました。

10年足らずで年商60億円の会社に
育て上げた手腕はホント、凄いと思います。

私は相当な小川マニア、小川フリークで(笑)
一番最初の商品からほぼ買い続けています。

コンラボも相当、ダイレクト出版を
モデリングしてきています。

モデリングをさらに進めるには、
やっぱり直接話しを聞くのが一番ですね。

かなりの刺激と学びになりました。

昨日の内容は、また機会があれば、
こちらでもシェアします。